ブログ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ 

2012年 12月 12日 入試直前説明会

みなさん!こんにちは 😛

校舎長の大島です。

本日は受験生対象に「入試直前説明会」を実施させて頂きました 😉

本日でセンター試験まで38日です。

この38日を、「もう38日か。」と思うのか、「まだ38日ある。」と思うのか。どう自分が解釈するかで、この直前期の学習効果が大きく変わってきます。

昨年も短期間で一気に点数を伸ばした生徒がいます。

現在、府中校で担任助手として後輩を指導している柳澤担任助手は、センター試験本番レベル模試(12月23日)からセンター試験本番(1/14、15)までの約三週間で120点UPという荒業を成し遂げました 😀

この三週間の期間で1日平均、約5点伸びたことになります!!!

「諦めずに取り組むことが、結果を生む」

この時は、本当にそのことを実感しましたね。

今年の受験生も

「最後の最後まで、粘り強く最後までやりきる」

これをテーマに取り組んでもらい、最幸の結果を出してもらうようにサポートしていきます!

 

冬期特別招待講習 12月17日まで2講座無料

 

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

 

センター試験同日体験受験【1月19日(土)20日(日)】

http://www.toshin.com/hs/event/doujitsu/

2012年 12月 11日 「正義論」

こんにちは!最近、「くまさんみたいですね」とか「茶道部ですよね?(本当はサッカー部でした)」とか、目が悪くてメガネをかければ「マジメキャラ目指してるんですかー?笑」とか言われてキャラの定まらない、担任助手の関です。

さて、みんなが学問について書いていて流れができているので僕も自分が大学で学んでいることについて書こうと思います。

僕が最近、授業をきっかけに自分で本を読んだりしてハマっている分野と言えば、ずばり「政治哲学です。その中でも、今流行の「正義論」や「自由主義論」が熱いんです。

これは、様々な考え方がある中、どの考え方が本当の正義なのか?また、「この考え方が正義だ」という”正解”なんてあるのか?また、自由の正しい姿とは?はたまた本当に”自由”が良いものなのか?・・・みたいなことを考える学問なんですね。

この調子で語ってもつまらないと思うので、具体例を用いた軽い心理テストのようなものを載せます。

正義論」に関するテスト

あなたは鉄道トンネルの作業員です。トンネルが二手に分かれるポイントで、線路の切替装置が正常かどうか調べています。「よし、装置は正常だな」と確認したとたん、暴走列車が猛スピードで走ってきました!今のままでは、二手に分かれる線路の内のの線路に進み、そこで作業している5人の作業員が轢かれて死んでしまいます。トンネルに列車を避けるスペースはありません。しかし、線路の切替装置を確認していたあなたが切替装置を動かし、列車を二手の線路の内のの線路に進めれば、轢かれてしまうのはそこで作業している2人です。そこで、あなたは次のうちどちらの行動を取りますか?

1.線路の切替装置を作動させ、列車を左の線路に進める。(犠牲者2

2・線路の切替装置を作動させないで、列車をそのまま右の線路に進める。(犠牲者5

結果:1を選んだ人は、非常に合理的な考え方をしています。「自分の行動はどうあれ、犠牲者の数は少ない結果の方がいい」と考えたはずです。これは政治哲学で言う「功利主義」の考え方をしています。いわゆる「最大多数の最大幸福」というやつです。幸福や苦痛を、「量」の観点から考えるものです。そして、どちらかというと行動や動機といった「過程」の部分よりも、「何人死んでしまうのか」という、「結果」の部分を重要視しています。

2を選んだ人は、道徳や倫理を重んじるタイプです。なぜなら、「切替装置を動かせば犠牲者の数が減るのは頭ではわかっているけど、自分が事故に手を加えてしまうのはなあ・・・」と、無意識かもしれませんが思っているからです。こちらは、カントに代表されるように、「結果」よりも、「自分の行動や動機が倫理的に正しいか」という「過程」を重んじるタイプです。だから、切替装置を動かすのは倫理的に正しいのか悩んでしまい、ためらってしまうんですね。

さて、みなさんはどちらのタイプでしたか?ちなみに僕は、変なタイミングで切替装置を作動させ、脱線させるか、二手に別れるちょうど真ん中にぶつけることを狙います。いちかばちかです!まあそんなの選択肢に無いから反則ですけど。

別にどちらが正解というのはありません。だからこそ、どんな考え方が正しいのか、また、正しい考え方なんてあるのか、議論が今も続いています。

一般的に通用する絶対的な正義」の答えは出なくても、「自分にとっては何が正しいのか、どういう考え方を持って生きていくのか」といったことを、一度考えてみるのも良いかもしれませんね。こういった、自分の軸になるものというのは、何よりも優先してまず考えるべきだと僕は思います。

以上です、長々とすみません。

 

 

冬期特別招待講習 12月17日まで2講座無料

 

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

 

センター試験同日体験受験【1月19日(土)20日(日)】

 http://www.toshin.com/hs/event/doujitsu/

 

2012年 12月 10日 受験において

こんにちは!
寒さで顔が真っ白な担任助手の薄井です。

わたしは大学二年になる春休みにフランス語検定の勉強をしようと思いまして、この間本屋に問題集を買いに行ってきました。 😛

問題集を買うだけのお金を持って、いざ本屋に到着して本を見ていたんですが、気がつくと「世界史研究」という分厚い図鑑みたいな本を手にしていました。

わたしは世界史が大好きで、受験生の時は世界史が得意科目でした。

そのせいか、自然と買おうとしていた自分が怖いです(笑)

 

みなさんも何か「これは誰にも負けない!」というものを持っていますか?

受験では、それはとても大事なことです! 😀
自分は、この科目のここだけは絶対に負けない!というものを沢山作っていく勉強法は、浅く広くやるよりも有効的です!

ぜひ、得意分野を見つけて、学問としてそれを深めていけたらいいですね!

 

冬期特別招待講習 12月10日まで3講座無料

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

センター試験同日体験受験【1月19日(土)20日(日)】
http://www.toshin.com/hs/event/doujitsu/

2012年 12月 9日 記号学について

こんにちは!
府中校担任助手の塚本です。

すごく寒いですね… 😐 気温の変化が激しいので、風邪をひいたりしないように気をつけて下さいね!インフルエンザやノロウイルスも流行っているようです。

予防接種などを受け早めに対策しておきましょう!

今日は私が大学で勉強している「記号学」というものについて少し紹介したいと思います。

そもそも記号学ってなんだろう?と思う人も多いのではないでしょうか?簡単に言うと、名前の通り記号の研究です。ここでみなさんが想像するのは、道路標識といった目に見える記号のことだと思います。でも、世の中には目に見えない記号もいっぱいあります。例えば手話などはそうですよね!ざっくり言うとそれらの記号についていろいろと考えていく感じです。

例えば…

「!」という記号があったとします。みなさんはこれは何の記号だと思いますか?

 

おそらくほとんどの人が「ビックリマーク」「感嘆符」と思ったのではないでしょうか?

確かに、それもひとつの正解です。ただ、例えば数学の問題でこの記号が出てきたときは、「!」は感嘆符としては用いませんよね。その場合は「階乗」という意味になります。標識に「!」が書いてある場合は「注意や危険」を表します。

このように、同じ記号でも使う状況によって意味がまるで変わってくる場合もあります。なので、その記号が使われている状況などによって意味を判断する必要があるんですねー

これは受験勉強に置き換えても応用できます。

一つのことをいろんな角度から考えてみる

ということはすごく大切です!常にもっと他の考えはないのかな?ということを意識して勉強してみてくださいね 😀

 

 
冬期特別招待講習 12月10日まで3講座無料

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

センター試験同日体験受験【1月19日(土)20日(日)】
http://www.toshin.com/hs/event/doujitsu/

2012年 12月 8日 空の色

 こんにちは!
府中校担任助手の橋本です!

本日は雲も少なくいい天気ですね。こんな天気のいい日は勉強もはかどりますね!!

さて、ここでなんですが何故空が青いか考えたことがありますか?

この現象は物理学を使って説明出来るんですよ

地球上の大気成分が「光りの3原色」である、のうちのを散乱(光りの進行方向を曲げること)させることによって、その混合色である「水色」になるというわけです。ちなみにが青いのと、夕日赤いのもこれと同じ理由なんです。

このように物理学を学ぶと、何気なく日常で起こっている現象の理由が分かり1日が楽しくなりますよ。

理科の選択科目で悩んでいる方は物理がオススメです!!

冬期特別招待講習 12月10日まで3講座無料

http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/

センター試験同日体験受験【1月19日(土)20日(日)】
http://www.toshin.com/hs/event/doujitsu/