理社の勉強について~田中担任助手ver~ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2014年 5月 12日 理社の勉強について~田中担任助手ver~

 
こんにちは田中です 😀
 
今回のテーマは
「いつ理社に本腰を入れれば良いのか、なにから勉強すれば良いのか」
です!
 
私はセンターだけ、生物を使いました。
なぜ生物を選んだかというと、
私は高2の時、社会科目をひとつもとっていなかったからということと、
理科の中で1番好きだったからという理由です。
 
それにセンターだけということもあり、
本格的にやり始めたのは秋頃でした。
 
 
 
 
夏までは他科目の勉強の合間合間に
基本用語や公式の確認などをしていました。
 
秋以降は
教科書の熟読とセンターの過去問に力を入れました。
 
センター生物は教科書の隅っこに書いてあることが出たりするので、
出そうと思ったところはマーカーを引いたり
「神ノート(笑)」というノートを作って
模試で間違えた問題や知らなかった知識をまとめたりしました。
過去問は10年分6周くらいやりました。
 
 
 
その成果か、最終のマーク模試では9割、本番でも8割を超えることができました。
 
 
 
つまり、生物勉強の流れとしては
 
①基本用語、公式を覚える
②細かい知識を蓄える
 
という感じです。
 
 
 
 
 
理科は、国公立はもちろん、
私のように私大文系でも使う場合があります。
 
その際の選び方としては、
やっぱり好きな科目であることが1番だと思います。
 
自分に合った科目を見つけてくださいね!
 
 
 

東進ハイスクール府中校に興味を持った方はこちら↓↓

 

 

高校3年部活生限定!!

部活生無料招待講習、申込受付中!
                            ↓↓↓↓お申込はこちら↓↓↓↓