1月学習アドバイス 高1・2生 英語 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2014年 1月 17日 1月学習アドバイス 高1・2生 英語

英語 渡辺勝彦先生

基礎英語から早慶大英語まで、どのレベルにも共通する真の英語指導。その実力は計り知れない。「勉強は楽しくやるもの」と銘打ち、成績が上がる極意を伝授。数多くの生徒を志望校合格へと導いた実績はまさに圧巻。生徒の信頼も厚い。スーパー速読法にかかれば、どんな難解な英文もわかるようになる。明快な口調とテンポの良い授業は時間を忘れてしまうほど!

 

<新高3生・新高2生>難関大現役合格へのシナリオを伝授!

新高3生・新高2生は、「センター試験同日体験受験」を必ず受けましょう。入試に限らず物事の成功の秘訣は、「早期に本気でスタートを切る」ことです。そしてそのために、今の時点でどれぐらいの学力があるのか「現実」を知ることがとても大切です。

新高3生は、高2の3月31日までに英語を完成させましょう。英語をこの時期に完成させることで、高3の4月以降はその英語力をキープし、他教科にじっくり取り組むことができます。これこそ難関大現役合格への絶対なるシナリオなのです。具体的には、『難度別システム英語 文法編III』『難度別システム英語 構文編III』『渡辺勝彦の有名難関大〈逆転合格〉へのスーパー総合英語』を高2のうちに終わらせることをおススメします。「今さら無理」「どうせ間に合わない」は禁句です。たとえ間に合わなかったとしても、最大限の努力ができたかどうかが問題なのです。それが、受験です

 

新高2生の皆さんは、高2の3月31日まであと1年ちょっとあります。受験勉強をスタートさせるにはベストな時期。早すぎることはありません。「難関大にどうしても行きたい」という強く高い目標を明確に心に刻みつけ、今すぐ本気でスタートを切ってください。英語に自信がなければ、『新 難度別システム英語 文法編I』を受講してください。基礎を楽しく学んでいるうちに、気がついたら「英語好き」になる不思議な体験ができます。また同時に、語彙力を身につけること。『英単語センター1800』や『英熟語センター750』( 共に東進ブックス)、東進の「高速基礎マスター講座」を使って完成させてください。高2の3月31日を受験本番だと思って、本気になってください。「高2のうちに絶対終わらせてやる!」と常に念じることが難関大合格のためには重要なのです。

<ここからはWeb限定!>

【熱い思いを継続させるために! 東進模試のススメ】

早い時期に強く高い目標を持ったら、その目標に対する熱い思いを継続させるためにも、東進模試を継続的に受験してください。入試本番をゴールとすると、現在のスタート地点からゴールまでの距離が長すぎるので、中だるみしがちです。それを防ぐために、模試を利用して目標を細分化します。毎回の模試で「よし、勝った!」「しまった、ダメだ」という刺激を受けることが、持続のための秘訣なのです。

新高3生も、新高2生も、自分で自分の限界を定めたら、その段階でブレーキがかかってしまいますよ。高く強い目標を心にしっかりと刻み、今すぐ本気のスタートを切ってください。