音読を始めようかな!って思っている生徒へ!! | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 2月 14日 音読を始めようかな!って思っている生徒へ!!

こんにちわ!府中校の伊藤です!!

このごろ少しずつ暖かくなってきていますね。春が近い気がします!

今日は、たまたま見ていた東進のHP今井先生がすごくためになることをおっしゃっていたのでご紹介します 😯

ミラクルを起こすのではなく1点ずつ合格点へ!

 「第1回 2月 センター試験本番レベル模試」や「東大入試同日体験受験」は今の実力をはかるためのものですから、成績が悪かったとしても、反省しすぎて落胆しないようにしてください。学習方針を全て変えたくなり、来る日も来る日も計画を立て直している生徒もよく見受けられます。これから1年・2年をかけて合格点まで到達すれば良いのですから、無理な計画を立ててミラクルを起こそうとはせず、1点ずつ合格点に近づいていくためにはどうしたらよいのかを分析する機会として模試を活用しましょう。担任の先生などと相談をしながら、最適な計画を立ててください。

 「高速基礎マスター講座」をまだ終えていない新高3生は、3月末までには終わらせるようにしましょう。担任の先生に「絶対に終わらせる!」と宣言して、自身にプレッシャーをかけてください。もちろん新高2生もできるだけ早く終わらせよう! 合わせて基礎的な文法の講座を受講し、自分の理解の間違いを修正して理解度をさらに高めておくこと。また、遅くとも高2の3月までには長文読解の講座に着手できるように進められるといいですね。

 講座を受講したら、10〜20回英文を音読してください。決して日本語を交えず、下手でも良いので英語だけで音読することをおススメします。日本語訳を言いながら英語を読んでいると、日本語に頼る英語力しか付きません。「/(スラッシュ)」ごとに日本語訳するという読み方ではなくて、英語を英語として英語だけで理解する練習をしておきましょう。

音読する際は、「重要構文に気を付けながら音読する」といった小難しいことをする必要はありません。「○○に気を付けながら歩きましょう」「○○を意識して深呼吸しましょう」と言われると、歩行も呼吸も難しくなってしまいますよね。難しくして3日で辞めてしまうより、気軽にやって1年継続する方が圧倒的に良いに決まっています。音読はただ声に出して読むだけでいいので、必ず毎日続けてください。

 東進は講師も担任も硬派で質実剛健です!「楽して合格しよう」とか「〇〇はしなくてよい」など軽率な発言をする人はいません。東進に足を運び、ライバルや担任の先生と親しんで自分の力を高めていってください。へこたれそうになった時こそ東進へ!!

 

 

東進のHPではこのように先生方のコメントなどが記載されています。

モチベーションが高まるのでたまに閲覧してみてください!その他にもたくさんのいい情報が載っていますよ!!

 

府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ!!