面白い大学の授業 | 東進ハイスクール府中校|東京都

2013年 6月 22日 面白い大学の授業

こんにちは、田中です。

最近天候がパッとせず、気持ちもジメジメとしちゃいますね~。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 私は早稲田大学の法学部に通っているのですが、早稲田大学では別の学部の講義をとることができるシステムになっており

(といっても一部の講義のみですが)、私が今受けている社会科学部の講義を1つご紹介したいと思います。

 

★講義名:「参加のデザイン」

★目的:様々な活動に主体的にかかわるための考え方や技術を身につける

★簡単な内容:授業は毎週水曜日の18:15~21:30まであって帰りが遅くなるのですが、それが気にならないくらい充実した講義です。

 学生達は、様々なロールプレイや課題を、教えてもらった考えたや技術を駆使して、仲間と協力しながらこなしていきます。

 その演習の中で、議論の盛り上げ方やまとめ方、効率の良い実行方法を習得していきます。

★例えば…

 最近行ったのは、「理想のベンチ作り」

 早稲田大学周辺を5人くらいのチームで散策し、「ここにこんなベンチがあれば、こんな人達がこういう目的で使えて良い!」と

 皆で話し合って決めます。そして、設計図を作り皆の前でプレゼンテーションし、実際にダンボールで作ります!

 私達の班は、「早稲田に新たなシンボルを!」ということで、W型のアートなベンチを考案し作成し、先生や学生さんに大うけでした。

 写真が手元にないので見せられないのが残念ですが 🙁

★最後に

 講義が面白いかどうかは、学生の意識の問題でもあります。

 とはいっても、面白いものは面白い。つまらないものはつまらないのが人間だと思います。

 なので、出来る限り面白い講義をいつも受けられるように、学部選びは軽視しないで、きちんと考えて選びましょう。

 私は正直、法学部の講義よりも他学部の講義のほうが好きです。

 勉強も大事ですが、同時に将来の進路のこともしっかりと今のうちから考えておきましょうね!

 

                                                                             以上

 

 

 

天候が原因でないにしても、イマイチ勉強や部活に身が入らなかったり、最近面白いことないなーと気分が

沈んでしまっている方はいらっしゃるのではないでしょうか?