過去問の復習方法 | 東進ハイスクール 府中校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2021年 10月 27日 過去問の復習方法

こんにちは!担任助手の大林です。

最近一気に寒くなって、冬の気温になってきましたね。

風邪を引かないように防寒対策もしっかりしましょう!

 

皆さん、過去問演習は順調に進んでいますか?

併願校の過去問にも手を付けいている人もいる頃だと思いますが、きちんと復習まで出来ていますか?

今日は過去問をただの演習の練習だけではなく、学力向上にも利用できるような過去問の復習方法についてお話したいと思います。

 

私がしていた復習方法は、主に

①正誤と感想を書く

②知らなかった知識をノートに整理

③英単語は小さいノートにまとめてすきま時間で繰り返しチェック

です。

それぞれについて詳しく説明していきます。

 

①正誤と感想を書く

復習をその後の勉強に活かすためには、問題を解いていた時の感覚をきちんと記録しておくべきです。

自分がどこでつまずいたのか、どのように考えて答えに行きついたのか、ということは時間が経つにつれどんどん忘れていってしまいます。

きちんと分析して、せっかく解いた問題を有効活用しましょう!

 

②知らなかった知識をノートに整理

過去問を解いて初めて知った知識や覚えていなかった知識があったときはきちんとノートにまとめておきましょう。

その際に解説をただノートに写すのではなく、私は少しネットで調べで知識を深めていました。

自分で調べるという作業が入ることで記憶に定着しやすくなっていたと感じます。

 

③英単語は小さいノートにまとめてすきま時間で繰り返しチェック

私は英単語がなかなか覚えられなかったので、英文中の知らなかった単語・熟語を小さめのノートにまとめ、ポケットに入れて持ち歩いていました。

しっかり記憶に定着させるために、電車の中やちょっとしたすきま時間を使って何度もチェックすることが大事です。

 

これは一例なので、ぜひ参考にして自分なりの復習法を見つけ、過去問を学力向上のために活用していきましょう!