記憶について | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2016年 9月 19日 記憶について

みなさんこんにちは!永井です!

 

夏休みが終わり、大学が始まりました!

いろいろ久々で疲れます…

またこの生活に慣れるまで大変です

 

さてそんなことはさておき

 

 

今日はタイトルにある通り

「記憶」について話したいと思います

 

 

 

勉強をする上ではどの科目においても

覚えなければならないことはたくさんありますね

 

しかも

覚えるのにすごい苦労するのに

忘れてしまうのは早いです…

 

覚えたことをずっと覚えておくことは大変なことです

 

 

そこで今日はみなさんに紹介したいものがあります

 

 

エビングハウスの忘却曲線

というものを知っていますか??

 

 

エビングハウスの忘却曲線 に対する画像結果

 

 

まぁ簡単に言えば上のグラフのような傾向のことです

 

もちろん覚えたものの中でも

○インパクトの大小

○重要度の違い

などなど

いろいろな点で忘れやすさ等変わってくるとは思いますけどね

 

 

このグラフで注目してほしいのは

前半と後半の勾配です

 

 

新しく記憶したものは急激に忘れやすいものです

しかし

忘れないでいた期間が長くなると

それを忘れにくくなるんですね

 

これを知っていれば対策が若干しやすくなりませんか??

 

つまり簡単に言えば

覚えた順番が早いほど

復習にかけるべき時間が少なくなるのかもしれないです

 

図で表すと下のような感じです

 

エビングハウスの忘却曲線 に対する画像結果

 

もちろんさっき言ったように

インパクトの大小や重要度の高さによっても変わるので

一概には言えませんけどね

 

 

さてどうでしょう?

少しは参考になりましたかね笑

 

ここからは自由に使える時間が少ないので

少しでも効率的に勉強できるように

考えてみてくださいね!

 

ではまた!!