自分の好きな名言 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 2月 6日 自分の好きな名言

みなさんこんにちは!担任助手の古村です。

今日は【自分の好きな名言】について、書いていきたいと思います!

名言とか格言、なんのことはないただの言葉ですが、

受験期などで精神が追い込まれて、辛いときは、この言葉一つが「精神の支え」になったりしますね。

 さてさて、能書きはさておき、私が受験期のときに支えにしていた言葉を紹介しようと思います。

それは、

 

「精神一到、何事か成さざらむ」

 

 

という言葉です。

 

…すこし古臭いですか?

いや私も、

たとえば孫正義さんの

「成すべき事の為に今日がある。努力を惜しんではならない。」

とかだったらめっちゃカッコイイとか思ったのですが、

受験生時代の自分はこんな仰々しい格言を支えに勉強していたわけで、正直に書きました笑。

意味は字面どおりですね。

「人間、なすべきことに精神を集中させ全力で取り組めば、できないことなんてない」

といった意味でしょうか。

受験勉強、もちろん大変でしたし、辛かったです。

 

しかし一方で、

「たかが受験ごとき、死ぬ気でやれば出来ないことはない!」という

(ちょっと上から目線の)気持ちも重要だと思っていました。

だから、勉強机の近くにこの言葉を書いた紙を貼って、辛いときには気持ちを奮い立たせるために眺めていました。

人間意外と単純なもので、こんな言葉一つでやる気になるものです。

みなさんも是非勉強の上での「座右の銘」、「金言」、探してみてくださいね。

(実はネットでしらべると、「受験生のための名言」みたいなものがたくさん出てきます…笑)

 

それでは!

府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ!!