積み上げた力を本番で発揮するために | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2013年 12月 9日 積み上げた力を本番で発揮するために

勝手にカウントダウン!

☆センター試験本番まであと41日☆

☆12月センター試験本番レベル模試まであと14日☆

物理 高橋法彦先生

学生時代から予備校界に身を投じ、若手ながらその実力とキャリアはすでにベテランの域。授業のみならず、教材開発や模試の作問でも実績豊富。その爽やかさからも相談しやすいと高校1、2年生からの評判も抜群。難解なイメージで敬遠されがちな物理を身近な学問として説く。

 

<受験生(現高3生)>積み上げた力を本番で発揮するために

センター試験に向けて、すべての分野を合格レベルに到達させることはもちろんですが、これまで積み重ねてきた力を本番で発揮するための訓練をしておくことも大切です。

センター試験では、第1問が小問集合、第2問が「電磁気」、第3問が「波動」、第4問が「力学」というように、出題される分野や分量、配点が大体決まっています。時間配分や解く順番など、試験本番のシミュレーションをしっかりしておくこと。また、各分野の中でも特にセンター試験で頻出のテーマがあります。力学では「浮力」や「水圧」、電気では「抵抗の組み合わせ」、波動では「干渉」です。「過去問演習講座」を活用して確認しておきましょう。

今の時期、漠然とした不安にさいなまれるのは周りの皆も同じです。これまで努力してきたことを信じましょ

<ここからはWeb限定!>

本番に向けての最終点検には、これまでに受験した「センター試験本番レベル模試」も是非活用してください。今月23日には、いよいよ最終の「センター試験本番レベル模試」がありますね。これだけの回数を重ねてきたのですから、全ての分野・テーマはほぼ網羅できているはずです。模試を解き直して、以前解けなかった問題が解けるようになっていると大きな自信になりますし、まだ解けなければもう一度力を入れ直して復習するきっかけとなりますよ。 

冬期特別招待講習はコチラ→http://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/winter/