私の所属する団体の話 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 11月 28日 私の所属する団体の話

 

こんにちは!最近早起きに少しハマってきた(?)、奥村です!

今回は、私が所属している学生団体について少し紹介します^^

 

私が入っているのは日本最大の学生ボランティア団体、

「NPO法人学生ボランティア団体IVUSA」です

1992年からあり、現在は全国90大学3000人の大学生が所属しています。

 

私が通う法政大学多摩キャンパスは、その中の「東京多摩クラブ」に属しており、

IVUSAは「環境保護」「地域活性化」「国際交流」「災害救援」の4つの柱を軸にして活動しており、

長期休みにはカンボジアに学校建設しにいったり、インドに住宅を建てに行ったり、国内の若者の少ない地域のお祭りを盛り上げたりなど、日本最大規模でしかできない活動をします。

普段は地元の環境整備や、地域の方々との交流、子供や障害を持つ方との交流をしたりしています。

 

私は今まで(今もあんまり)ボランティアに興味はなかったですが、

ほかのサークルなどではできない経験がしたいと思って入団しました。

 

このボランティア団体の特徴の一つに、

「学生の手で行う」ということがあります。

一つの活動において、学生が細かく組織化し、総括を立て、連絡を送りあい、準備の準備から実施まですべて学生が行います。

私は軽い気持ちで入ったのですが、同じ学生でも立派に組織のリーダーをこなしていたりと尊敬に値する人をたくさん知り、自分の中の気持ちも変わりました。

 

先日多摩クラブで大きな行事があり、私も末端の組織の班長を務めたりしましたが、末端とはいえ連絡を通したり、人に役割を振ったり、作業を日程化したり、大変なことはありました。

 

その分、今振り返ってみても、とても楽しかったです!

自分で積極的に動いた時の大変さと、その楽しさは絶対比例すると思います。

今回の経験を生かし、今度はもっと大きい役職についたりすることを考えていたりします。

また、役職云々は関係なく、この団体にいると挑戦するかしないかを選ぶ機会が多いです。

私は、積極的に動いた方が楽しくなることを知り、積極的に挑戦していきたいです。

 

以上が、私の所属する団体のはなしです。

しかし!みなさんにこの団体にはいってほしいという訳ではありません!笑

ただ、今回私は「積極的に挑戦すると楽しくなる」事を学んだので、みなさんにも挑戦する機会があったら、ぜひ!勇気を出して挑戦していってほしいと思い、今回のブログを書きました!

 

では!!

 

***府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ***