理社の勉強について~塚本担任助手ver~ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2014年 5月 11日 理社の勉強について~塚本担任助手ver~

こんにちは!担任助手の塚本です。

今回は「理社はいつ頃から勉強すればよいのか、何から勉強すればよいのか」

ということについて紹介したいと思います。

 

まずは理社の中でも、メインで使う教科から勉強していくと良いと思います。

私の場合は日本史でした。

理社、特に歴史系の科目は高校の授業のペースに合わせて勉強していると、大学受験本番に間に合わないケースが多いです

自分でどんどん勉強を進めていくことが必要になります。

 

また、よく「社会は暗記科目だから直前でも何とかなる」的なことを言われると思いますが、そんなことは全然ないです

 

一度センター試験の問題や大学の過去問を解いてみるとわかると思いますが、ただ用語を暗記しただけでは絶対に高得点は取れません。

用語の暗記に加えて、体系的な理解をしていないと難しいです。

日本史で例を挙げると、誰がどういう理由でこうしたからこの事件が起きてこうなった…というところまで説明出来なければいけません。

そこまで出来るようにするためにはまとまった時間が必要です。

 

勉強をする時期の目安としては、夏休みの間にある程度、基礎を固めた状態にしておくことが理想です。

そして秋~本番期にかけて、どんどんと詰めていくと良いと思います。

そのためには、今から1日10分でも、少しずつ毎日やると後々のペースが出来ていくと思います!

 

 

 

東進ハイスクール府中校に興味を持った方はこちら↓↓

 

高校3年部活生限定!!

部活生無料招待講習、申込受付中!!
                ↓↓↓↓お申込はこちら↓↓↓↓