模試の捉え方~模試の意義から考える~ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2014年 12月 30日 模試の捉え方~模試の意義から考える~

こんにちは、上河です
年の暮れになりましたね… インフルエンザも周りでは流行っています。体調管理には十分気を付けて、元気で今年を終えましょう

今回、私は私の思う模試の捉え方についてお話をしたいと思います。

基本的には模試の結果を見て、点数が悪かったらショックを受け、良かったら喜ぶというのが普通だと思います。

 

しかし、模試の意義から考えるとそれは間違っていると思うのです!

模試は自分の出来なかったところを発見する場なのです

定期検診みたいに捉えてみると良いと思います。 2ヶ月に1回、どこが良くてどこが悪いかを診断するという意味でです。

ここで、みなさんには点数が悪くてへこんでいる位なら、これからやる課題が見つかったとポジティブに捉えて、次の模試までにできるようにしようと思ってほしいです。

 

模試受けて、やる気をなくすなどかなり勿体無いです。

模試は受けることより、受けた後自分の勉強にどう活かすかが大事だと思います。
これは学校の定期テストにもいえることだと思います。

 

そろそろ12月の模試の帳票が返ってくると思うので、模試の結果から来年やるべきことを明確化しておきましょう

 

府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ!!