是非今の受験生に読んでおいてもらいたい記事。 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 12月 25日 是非今の受験生に読んでおいてもらいたい記事。

 

こんにちは!沼澤です 😛

もうあっという間に冬休みですね!

 

府中校の冬休みの開閉時間は、

平日 8:30~21:45

休日・祝日 8:30~19:00

になっています。

 

朝から府中校で勉強していきましょう!

*この冬休み時間割は1月10日までです。1月11日からは、通常の時間割に戻ります。*

 

 

さてさて今回は、ある人のお話をしようと思います。

とりあえず読んでみてください。

 

「私の目の前には受験という大きな壁がそびえたっているが、私はそれを恐れていない。

なぜなら、どんな大学に行ったってたいして変わらない、と思うからだ。

まだ大学生にもなっていない私なので、無知な人間と思われても仕方のないことだが、

それでも、私はそう思う。

たしかに、環境とか専門職に携わる場合によっては、

大学にかかっていると思う人もいるかもしれない。

しかし、

評判の高い大学に入ったからといって自分から経験しようとしなければ何の価値もないし、

そうでない大学に入ったとしても自分自身で切り開こうと思えばできないはずがない。

要するに、すべては自分次第で決まる、と思うのだ。

自分をどう動かすも、自分次第。

夢や目標を実現させられるかどうかも自分次第。

だから、

今はとにかく受験に向かって全力で挑むだけである。」

 

 

これは、一年前

私が書いた卒業文集です。

その一部を抜粋して書きました。

 

この前部屋のお掃除していたら見つけて、

はっ!としたのでこのブログにも書こうと思いました。

 

 

本当に、そうなんですよね。

学歴はもちろん大切だと思うし、そこは妥協してはいけません。

でも、

”学歴がすべて”

と、思っているうちは甘いです。

 

いろいろな意見があると思いますけれど、私はそう思います。

 

 

受験まで、本気で頑張れた。これで落ちても後悔しない。

って心の底からそう思えるぐらい

頑張れたのか、頑張れなかったのか。

その違いだとおもうのです。

 

私は、結局第一志望には合格できなかったのですが、

後悔していません。 

あれほど行きたかった大学だったのに、自分でもびっくりします。

なぜだかわかりますか?

 

 

 後悔しないくらい頑張れた!

っていう自信があるからです。

 

受験までの”過程”に、結果以上の価値を見いだせたからです。

 

そしてその価値は、今に繋がっています。

今に活きています。

 

 

受験生にとっては、

今この時期が

その”過程”です。

 

大事なのは、試験本番ではありません。

もちろん本番は大切なんですけど、

でも

試されているのは”今”です。

 

今の努力の加減、それに対する自信が

今後の自分繋がっていく

と考えてください。

 

そうすれば

自ずと自分のすべきこと

見えてくると思います。

 

ちょっと考えてみてください。

 

 

 

 

 

***府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ***