旅立ちの言葉 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 4月 30日 旅立ちの言葉

みなさんこんにちは〜!

本日もご覧いただきありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
本日で最後の勤務となる柳澤です!
 
 
 
 
えっ!?!? 😯
 
 
 
 
本日で最後!?!?!? 😯
 
 
 
 
 
 
 
そうなんです。
本日で私、柳澤拓哉は
 
府中校を卒業します!!!
 
 
 
これも支えてくれたみなさん
毎日ブログを見てくれたみなさんのおかげです!
 
 
心から感謝しております(>_<)
 
(悲しさと喜びあふれる涙でいっぱいです・・・) 
 
 
最後ということで寂しくなりますが
少し真面目に私からみなさんに2つのメッセージを送りたいと思います!
 
 
 
 
ではでは、まず最初のメッセージ!!!
 
いくぞぉ〜
 
 
ボッ
  
 
 
 
 
 
「自分の将来をしっかりと考える」
 
 
 
 
 みなさんは
将来を考える=具体的な職業を考える
と、思っているかもしれません。
 
しかし、それは誤解です!!
 
 
私がみなさんに伝えたいのは
 
将来を考える=どんな自分になりたいか
 
これを考えてほしいということです。
 
 
例えば「人の役に立ちたい」とか「気になることを突き詰めたい」とか
 
様々考えなどがあります。
 
自分の進路の基盤を考えるだけでも
今やっている勉強の価値が見い出せて非常に有意義な時間が過ごせるのではないでしょうか。
 
 
きちんと将来について考えている人は
 
大学に入学しても
 
就職が決まっても
 
より良い人間になろうと努力が続けられると思います。
 
 
難しくて悩むこともあるでしょう。
 
でも、悩めるってことは
それだけみなさんの人生に色んな可能性があるということ。
 
みなさんには無限の可能性があります。
 
だから、いっぱい悩んでください。
 
 
そして悩み立ち止まるだけではなく
 
ちゃんとをしましょうね!
 
その決断がいいのかは誰にもわかりませんが
 
自分で決断したことは全力で実行してください!
 
 
 
 
 
 
 
 そして2つ目のメッセージは
 
こちら!
 
 
 
 
 
 
 
「出会いに感謝し大切に」
 
 
 
 
 
生徒時代から含めると府中校に丸4年以上通いました。
 
私がここまでやってこれたのは様々な重なりがあったからだと感じています。
 
東進ハイスクール府中校に通うきっかけをくれて通わせてくれた家族の存在
 
勉強のやる気を与えてくれた
大島校舎長担任助手の方々やグループ面談(当時のグループミーティングの呼称)・夏期合宿の仲間。
 
 
 
そして担任助手として働くようになってからは同期や先輩後輩
 
 
 
頑張って校舎に通っていた府中校の生徒達
 
 
 
 
 
受験を通して
担任助手という仕事を通して
 
たくさんの仲間・生徒に出会い、たくさんのことを学び
 
 
とても貴重な経験と大きく成長することができました。
 
 
 
色んな人達との出会いがあったからこそ今の自分がいます。
 
 
この記事を読んでいる方にもこれから様々な出会いがあります。
 
その出会いというのは運命的なもので、必ず得るモノがあると思います。
 
 
その出会いに感謝してこれからの人生を歩んで下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
最後になりますが
 
 
 
 
 
私はたった一度の人生でみなさんに出会えたこと
 
ここで学んだことを深く深く噛み締めて次に進んで行こうと思います。
 
 
この場を借りて、今までの出会いと府中校に携わって下さった全ての人に
感謝の気持ちを込めて
 
最後のブログにしたいと思います!
 
 
 寂しく、悲しい気持ちで一杯ですが… 😥
 
 
街中で見かけたら気軽に声を掛けてくださいね!!
 
そして良い報告を聞かせてくださいね!!
 
 
 
 
 
 
今までありがとうございました。
 
 
ほんとに。
ほんとに。
ほんとに。
 
 
 みなさんに出会えてよかったです。
 
 
 
 
これからのみなさんの一生に
 
 
 
精一杯の幸あれ。
 
 
 
 
 
東進ハイスクール府中校 担任助手 柳澤拓哉
 
 
 
 

府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ!!