新高2生におすすめ記事! | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2013年 3月 8日 新高2生におすすめ記事!

3/14(木)特別公開授業@府中校!お申込はコチラhttp://www.toshin.com/hs/event/tokubetsu_kokai/form.php

 

「高2の3月までに志望校決定」が多数派

入試シーズンが一段落し、多くの新高3生は志望校に向かって勉強を始めている時期。新学年になる前のこの時期に受験勉強を始めるかどうかで、結果に大きな差がつくことは、前号までの分析で示してきたとおりである。もちろん、新高2生も志望校について考え、受験勉強をスタートするのに早すぎることはない。

そこで今回は、昨年度の難関大合格者の志望校決定時期とその理由を調べた。その結果をさっそく紹介していこう。

 

志望校決定時期「高2の3月まで」72.3%

まずは資料1を見てほしい。これは、編集部が行った「合格発表会場アンケート」において、昨年度の難関大受験者の志望校決定時期を調査したデータである。

これによると、現役合格者の72.3%が高2までに志望校を決定していた。さらにこの72.3%の受験生に受験勉強開始時期を聞いたところ、その中の8割以上が「高2の3月まで」にスタートしたと答えている。つまり、志望校を早期に決定していた合格者は志望校決定とほぼ同時に受験勉強を開始していたと考えられる。目標ができれば、人はその目標に向かって走り出す、いわば「目標自動達成装置」を持っているといわれるが、受験においてもまさにその通りだといえる。

時間にまだ余裕のある新高2生は、4月までのこの一カ月、志望校についてじっくりと考えてみよう。気になる大学があれば、『新大学受験案内』(東進ブックス)や東進のウェブサイトで難関大に通う先輩たちの体験記を読んでみるのもおススメだ・・・・

 

以下、詳細はコチラ→http://www.toshin.com/news/topic/1303_16.php

 

 

志望校を決定して新学年の幕開けだ!