学習のアドバイス-英語- | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2013年 7月 2日 学習のアドバイス-英語-

英語 宮崎尊先生

『英単語の集中講義』などの参考書の執筆のほか、雑誌『TIME』や数々のベストセラー作品の翻訳も手掛け、英語界でその名を馳せる有名実力講師。英語を日本語に置き換えるのでなく、英語そのものをとらえる独自の読解法で受験生を難関大合格へと導く。英語を知り尽くした男が最高レベルの授業を約束する。

 
 

大切なことは過去問が教えてくれる

難関大を目指す場合、「長文読解」がネックになる人が少なくありません。そこで、夏休みになる前に必ずやっておいてほしいのが、一文の構造をしっかりとおさえて精読することです。秋以降になると大量の英文を読まなければなりませんが、曖昧な読み方をしていては、いつまでたっても英文の内容を理解することはできません。どこからどこまでが主語なのか、that 節はどこまでを指すのかなど、曖昧な部分がゼロになるまで徹底的に読み込む訓練をしておいてください。

そして、夏になったらすぐに過去問に取り組みましょう。志望校の過去問は、合格に必要なことを教えてくれる最良の教材。過去問を通じて見えてきた自分の弱点が、やるべきことを教えてくれます。「今の自分には何が足りないのか」「どの問題でどのくらい得点すべきか」を分析し、具体的な対策を立てましょう。また、仮に先輩のおススメだからといって、自分に合わない参考書に取り組むのはやめましょう。レベルの合わないものや読みにくい参考書は即座に使うのをやめて、自分に合った参考書を見つけて最後までとことんやり抜いてください。

また、模試の復習をする際には、全く歯が立たなかった問題には今無理に時間をかけようとせず、時間をおいて取り組みましょう。そして、長文の内容やテーマをしっかりと頭に入れるようにしてください。入試で出題される長文読解の内容は、言語論、文化論、環境問題などある程度テーマが絞られます。一度読んだことのある内容の文章は、二度目に出題されたときに随分読みやすくなっているはずです。長文で取り上げられている内容をコツコツと蓄積していけば、必ず入試本番での力になりますよ。

「できる自分」になりきればそれは現実になる

英語は予習が命です。授業を受けるときに初めて教科書を見るということがないように、必ず予習をしてから授業に臨みましょう。いきなり単語の意味を調べたり和訳を始めないこと。予習の段階ではそのような細かい「作業」をするのではなく、その日の授業では何を勉強するのかという概要をおさえ、疑問点を明らかにすることを目標にしてください。高1・高2の段階であれば、予習をすれば成績は簡単に上がります。授業で先生が言っていることがすんなりわかるというだけでも、授業の理解度が随分違うと思います。

「できる自分」を演出するということは意外と大切です。英語では”Fakeit till you become it.”という言葉があります。日本では「嘘から出たまこと」と言われますが、「できるふり」を続けているうちに、いつのまにか「本当にできる自分」になるものです。そうすれば、いつのまにか自信がつき、英語だけではなく高校生活のさまざまな場面でも生かされるでしょう。

また、高1・高2生で英語が好きな人は、「会話表現」を覚えていくことをおススメします。会話文は、入試で出題される割には学校であまり扱われませんし、高校生向けの参考書も多くありません。中1の頃に基礎的な会話表現を習うと思いますが、その後は読みの学習に特化されるため、忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。例えば、get/have/takeなどの易しい単語を使ったさまざまな表現が東大の入試問題でもよく出てきます。比較的時間に余裕のある今だからこそ、社会人向けの日常英会話の本や東進の会話・口語表現を扱った授業を活用して、どんどん会話の学習をやっておいてほしいと思います。

 

◎府中校イベント日程 ~興味あるイベント是非、参加してみて下さい!~URLからお申込できます。

☆部活生招待講習申込受付中~これから一気に猛スパートを掛けたい部活生~ http://www.toshin.com/form/etc/bukatsu_shotai/moushikomi/form/moshi_center_pre.p

☆夏期特別招待講習申込受付中~これから本格的に勉強したい高1・2生~ https://www.toshin.com/form/shotai_es/form_hs.php?url_name=fuchu&form_action