大学生の夏休みの様子~原担任助手ver.~ | 東進ハイスクール府中校|東京都

2014年 8月 8日 大学生の夏休みの様子~原担任助手ver.~

お久しぶりです、担任助手の原です!

既にご存知のかたもいると思いますが、大学の夏休みを利用してアメリカに行ってきました!

ニューヨーク

テキサス州のエルパソ

アリゾナ州のセドナ

グランドキャニオン

 

に行きました。

 

ニューヨーク(自由の女神。)

 

                       

 

エルパソ(ホワイトサンズ国立公園。真っ白な砂の砂漠です。)

 

 

セドナ(パワースポットらしいです)

 

グランドキャニオン

 

 

アメリカを自分の足で回ってみて、世界の多様性と諸問題を肌で感じることが出来ました。

 

皆さんご存知の通り、アメリカは「人種のるつぼ」と言われており

多種多様な人々が暮らしています。

大都市であるニューヨークではもちろん様々な人が街を歩いており、

いろんなアクセントが混じった英語で会話をしています。

 

しかしひとたびニューヨークを離れてテキサス州のエルパソに行くと、

そこはメキシコとの国境付近なので街では英語よりもスペイン語が使われています。

住んでいる人々も白人というよりはラテン系が多く、明らかにニューヨークとは違う雰囲気でした。

アメリカなのにレストランに入ってスペイン語で話かけられるなど、

観光客もあまりいない街なのでだいぶ戸惑うこともありました笑

 

また、世界における貧富の差を目の当たりにしました。

きらびやかで賑わっているニューヨークのタイムズスクエアから1ブロック離れるだけで

道端にはホームレスが座っていたり、あまり豊かでなさそうな人たちが歩いていたりしました。

日本でいるハローワークのような場所にも、老若男女問わず人が出入りしていました。

エルパソでは、道路の向こう側にもうメキシコの町が見えており、ボロボロの建物が明らかにアメリカ側とは町並みが違っていました。

 

たった2週間でしたが、アメリカという世界の中心のような場所に行っていろんなことを感じました!

 

このような体験は、大学生のうちにしかできないと思います。

 

ぜひ皆さんも、大学生になったら日本から飛び立って、世界を見てみてください!