呪文 | 東進ハイスクール府中校|東京都

2013年 8月 25日 呪文

こんにちは!最近勤務じゃないのに生徒に会いに来てしまう中村伊吹す 😎

本日はンター試験本番レベル模試です!

その前に、皆さんに伝えておきたいことがあります。

模試は志望校と自分の距離を測る道具にすぎません。

模試の結果が悪かったから自分はだめだ、良かったから凄い、というのは全く非論理的な話です。

人間の良し悪しとテストの点数を同じ軸で考えるのは、物事を区別して考えることの出来ない人のすることです。

点数が悪くても嘆かない。点数が良くてもおごらない。

平常心をもって一切の事をなす人、これを名人というなり。

心に刻むべき言葉です。

 

話はかわり、府中校の生徒の勉強法を紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもう呪文ですね笑

「書いて覚える」

基本的で当たり前すぎる勉強法ですが、こういったことの積み重ねが大事なんですね 🙂

一瞬にして成績が急上昇する魔法のような勉強法があると信じてはなりません。

そんな勉強法があるのなら、とっくに東進がその勉強法を採用しています(笑)

書く、聞く、音読する。

長い目で見ていきましょう。皆さんの一歩一歩は、間違いなく富士山の頂上に近づいていますから 😉

「天才とは並外れたことをする人間のことではない。当たり前のことを、並外れて丁寧にやる人間のことだ」