合宿行ってきました! | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2013年 9月 15日 合宿行ってきました!

こんにちは、大内です!

私は先日、大学で所属している文芸部合宿に行ってきました!なかなか楽しかったです。

みんなで花火やバーベキュー、という大学生らしいこともしたのですが、いちおう文芸部ということで先輩が小説講座をやってくれたのがとても面白かったので、今日はみなさんにもそれをちょっとご紹介しますね!

今回教わったのは、物語のプロット、構成のパターンについてでした。

大塚英志の「ストーリーメーカー」という本によれば、ほとんどすべての物語は「主人公が成長する」「日常の世界から非日常の世界に行って帰ってくる」この二つの基本軸によって成り立っているそうです。

わかりやすい例でいえば、宮部みゆき原作で何年か前に映画化された「ブレイブストーリー」では、家庭問題で追い詰められた主人公の男の子が、魔界という異世界に行って、そこでの冒険の中で自分の運命に立ち向かう勇気を得て、現実世界に帰ってきます。つまり主人公が何らかの成長をするために非日常の世界に行って、帰ってくるという構成ですね!

このような物語の構造は、突き詰めて考えれば「ブレイブストーリー」のようなファンタジーじゃなくても、現実世界を描いた物語にもあてはまります。

今まではあまり「起承転結」以外の物語の構成については聞いたことがなかったので、とても興味深かったです。今はいろんな小説にあてはめて考えてみるのにハマってます 😀

本当はもっといろいろ紹介したかったけど、今日はここまでにしておきます。もっと詳しく聞きたい人は大内まで。是非聞きにきてください♪