勉強時間について | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2016年 10月 2日 勉強時間について

 

こんにちは!北嶋です!

 今日は勉強時間についてのお話をしようと思います!

 

受験勉強を進める皆さんにとって、

「どのくらい勉強すれば合格できるのか」

は気になることだと思います。

学力の向上、または合格するか否かは

「学習の質」×「学習の量」で決まります!

今日はその「学習の量」である勉強時間のお話です!

 

まずはこちらを見てください!

 

(難関大は東京大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、

東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学 、早稲田大学、慶應義塾大学を対象としている)

 

難関大に現役合格した受験生の高3時の学習時間(学校の授業を除く)は、

1日あたり平均6時間2分という結果が出た。

「学校の授業以外にそんなに勉強しなくてはいけないの?」

と驚く人もいるかもしれないですが、

土日・休日を含めれば、このくらいの学習時間は十分確保できる量です。

 

ただ一方の不合格者の平均5時間35分

合格者との開きは一日ではたったの27分しかありません。

これは、高3になれば本腰を入れて受験勉強をするのは当たり前であるため、

差が開きがつきにくかったと考えられます。

しかし逆に言えば、この一日27分が積み重なって

合否を分けたとも言えるので

受験生は他の受験生よりも毎日一秒でも長く勉強しましょう!

その積み重ねが合否を分けます!

 

また、難関大現役合格者のうち部活生は77.3%を占めていて

平均学習時間は6時間8分でした!

なので、部活生でも時間の使い方をより工夫して

学習時間を生み出していたことがわかります。

ぜひ、部活を言い訳にせず、勉強時間を確保していきましょう!

 

難関大現役合格の合否を分けるのは

一日では僅かな「学習の量」の差です!

毎日の積み重ねをしっかりしていきましょう!