勉強の土台となる基礎 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 4月 1日 勉強の土台となる基礎

 

こんにちは!新・担任助手の奥村です(-^〇^-)

もうすぐ4月ですね!学年が1つ上がり、クラス替えなど学校生活でも色々心配事があるかと思います…

(私もクラス替えで絶望した事があります…(;Д;)(;Д;)でもなんだかんだで最後には楽しくなりました(゜∇^d)!!)

そして、新高3生について言うと、

いよいよ受験生です!!!

こちらは学校生活への不安もさる事ながら、受験への不安で気が重くなっている人も多いと思います。

 

私もそうでした…((((;゚Д゚))))

目を背けていました…((((;゚Д゚))))

むしろ今も大学生活への不安から若干目を背けかけています…((((;゚Д゚))))

                あっ           ( っ・∀・)≡⊃ Д゚))))・∴’.

 

 

 

と言う事で、

 

私が4月、どのように勉強していたかを紹介しようと思いましたが、これは悪い例でした…
なので、自分の経験を踏まえて、4月をどのように過ごしたら良いのかについて、自分の考えを書きたいと思います!

 

特に、

「受験、不安だな〜…でも、

まだ全然勉強していない人に比べれば、

自分は、とりあえず勉強してるし、何とかなるだろう!」

 

思っている新高3生に読んで欲しいです!

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今、皆さんは勉強の土台となる基礎を学習していると思います。

 

特に、センター試験は

基礎をしっっっかり身に付けられているか

が重要だと思います。

 

もちろん、基礎をやるのは、受験生として当たり前の事ですが、

 

どれだけしっっっかり身に付けられているかで差がつく!!!

 

と思います。ではどうやってしっっっかり身に付けるのか?

 

早い段階でしっかり修得し、それを何度も繰り返す!!!

 

繰り返し繰り返し反復練習をすればする程、基礎の完成度が上がります。

つまり、皆やるのが当たり前の基礎でも、どれだけ早くから反復練習をしてきたかによって、得点に差がつくという事です!

資料1

 

さらに、早い段階で基礎を修得出来れば、自分と同じレベルの受験生と差を付ける為の、

「難しい問題」「幅広い知識」の修得も、早く、それだけ多く出来ます。

 

私の受験勉強はスタートが遅く、

基礎の修得がやっとで、その基礎の「完成度」や、「幅広い知識」で周りと差がついてしまいました。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – — – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

多くの受験生が夏から本気になる中、

皆さんはこの時期に予備校に通って、早いスタートを切っています!

 

それなのに、

もし夏までなんとなくの勉強をしていたら、

その「多くの受験生」に合わせる事になってしまうと思いませんか?

 

本当のライバル=自分と同じレベルの受験生と差を付ける為にも、

 

まずは、早い段階で基礎の修得を!!

 

 

 

 

府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ!!