体調を崩さないために気を付ける事 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 11月 19日 体調を崩さないために気を付ける事

こんにちは!最近この季節に朝シャンと不摂生な生活を続けいてたらうっすら熱が出てしまいました奥村です。でもすぐ直りました!

やっぱりいくらやる事があるからと言ってご飯を抜いたり、徹夜したりはよくないです…。

そしてこれは受験生にこそ言えます!!

いくら焦っていても徹夜して勉強したりするのは、体が資本の受験生としては良くないです(・x・)

 

そこで今回は「体調を崩さないために気を付ける事」をテーマに書いていきます!

 

①うがい・手洗い・洗顔

風の予防と言ったらこれ!でも毎日続けている人は少ないのでは??

電車の吊革や、駅のエスカレーターの手すり、スマホ、エレベーターのボタン…無意識に私たちは毎日沢山の人が触れたものに触れています。

この時期、インフルエンザも流行りますから、うがい・手洗いは徹底したいですね。

うがい・手洗い・洗顔は付着したウイルスそのものを落とすことになりますから、順序としては、まず手洗い、洗顔、最後にうがいをしてウイルスをできるだけ落としましょう。手に付着したウイルスを口や鼻に持ってこないことが大切だそうです。

 

②マスク

マスクは常にしているような人もいますよね。半面、あの呼吸のし辛さが苦手な人もいると思います。満員電車や病院など、人が多いところではマスク着用を心がけるというのは、受験生としては大げさなことではないと思います。また、マスクは家の中に入る前にゴミ箱に捨て、家の中にウイルスを持ち込まないことが大切だそうです。

そしてマスクをするという事は、のどの粘膜の乾燥や冷たい空気からの刺激を和らげる効果もあるようです!

 

③入浴

これは私も痛感いたしました…もう11月も中旬、寒さも冬本番といった感じになってきましたので、面倒でも忙しくとも、シャワーではなく入浴するべきです!

冷えるとカゼを引きやすくなるのは、免疫細胞の動きが悪く、的確に病原体を駆除できないからだそうです。シャワーでは芯から温まる事は出来ないですね。

 

④乾燥に注意する

最近空気が冷たく、乾燥してきましたね。空気が乾燥すると、喉の粘膜の防御機能が低くなるため、インフルエンザなどにかかりやすくなるそうです。

また学校や家ではもう暖房をつけている所もあるのでは??暖房をつけた室内は空気が乾燥しがち。加湿器などで適度な湿度を維持することで、空中に浮遊しているウイルスが重くなって足下へ落ちやすくなり、ウイルス自体の働きを弱める効果もあるそうです!

 

 

以上、「体調を崩さないために気を付ける事」でした!(^-^)/

手洗い・うがいやマスクは、習慣化していないと取り入れづらいかもしれませんが、何度も言うように、受験生は体が資本です。体調に気を使うことも受験生のやるべき事だと思います。

もっとも、いくら猛勉強しても体調に気を付けなかった事で試験当日に熱を出したりしたら、自分自身が悔やんでも悔やみきれないと思います。

これからの追い込みの時期、本番に向けて、ベストな状態で挑めるよう体調には十分気を付けましょう!!

 

では!

 

***府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ***