センター直前期の私~背水の陣~ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2014年 1月 11日 センター直前期の私~背水の陣~

こんにちは、担任助手の貫井です!
今回はセンター前にやったことと失敗について書きたいと思います。
 
 
私がセンター前にやっていたのは主に国語と地理と少し2次試験対策(全然間に合ってなかったので)でした。
 
国語と地理は苦手だったので、過去問はだいたい本試と追試それぞれ20年分ずつ解いていました。その時期は本当に不安で丸つけをするだけでかなり緊張していました。
理系科目は2次対策をしているからあまり対策をしなくて良いだろうと高を括り、苦手な分野だけしっかりやり他はほとんどやっていませんでした。

試験を終え自己採点をしてみると、面白いことにしっかり対策をしたところはそれなりにとれて、油断したところは全然目標点に達していませんでした 😥

ここでみなさんに伝えたいことは得意科目でも油断しないで対策をすることの大切さです。
何故か?
 
たとえ得意でもやってないと感が鈍りケアレスミスをする確率が圧倒的に高くなるからです。
結局センターは目標点に全く達せず落ち込み、次の日は全く勉強できず休んでいました。そうすると徐々に力が湧いてきて、翌日には二次で絶対に挽回しようと思いました!
 
第1志望校のセンター判定はE判定でしたが、志望校は変えず背水の陣で本当に死ぬ気になって頑張りました。
 
そうすると、感覚が鋭敏になり集中力がかなり高まって2次までの1ヶ月を2、3ヶ月分の密度を持って勉強することが出来ました。
 
 
センターで最も大切なことはその前やその間ではなくその後に私はあると思います。良い点数をとって油断したり、悪い点数をとってずっと落ち込んだままでいたりするのが一番もったいないことだと思います。
 
 
結局私は第1志望校には合格出来ませんでしたが、慶応医学部には合格出来ました。
 
聞いたところによるとあと3、4点足りなければ落ちていたそうです。
 
おそらくセンター後の死ぬ気の頑張りがなければ合格出来なかったと思います。

みなさんが良い点数を取れればそれが一番なのですが、たとえ悪い点数をとってもそれを受け入れて次に活かせることを心から願っております。

 

 

高1・2生の生徒の皆さんも受験は始まっています!

お申込みはこちら!

https://www.toshin.com/doujitsu/moushikomi/