なぜ、赤本・過去問を今この時期に? | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2015年 10月 5日 なぜ、赤本・過去問を今この時期に?

 

こんにちは!沼澤です

とうとう10月に入りましたね!

きちんと計画通りに勉強進められていますか?

合格設計図もとに計画立てられていますか?

もう私大・2次の過去問は解きました?

府中校の受験生は全員、

9月中に第一志望の過去問を解く
となっていましたよね!

まだ解いてない人は、今週中に一回でもいいので解いてください。

赤本を今のこの時期に解くべき目的としては…

①敵を知ること

自分が行きたい大学のことをちゃんと把握しましょう。

試験科目は?

配点はどれくらい?

英語では、文法よりも長文のほうが量が多いのか?

どの程度の難易度の問題が出ているのか?

 

実際に過去問を解いて、これらの情報を自分で把握してください。

あと、赤本には合格した先輩たちのアドバイスや入試傾向を分析したページがあります。

そこもきちんと読んでください。

読んだうえで、実際に解いて、そこで納得するのです。

 

そして、赤本を解くもうひとつの目的

それは…

②自分を知ること

 実際に解いてみると、いろいろ気づきませんか?

「意外と英文読める!」

「ここは単語の難易度が高いんだ!」

「まだ基礎の土台がなってないな!」

 

敵(=目標)を定め把握したら、

今度は自分の実力(=目標との差)を把握しましょう。

自分に欠けているものを理解し、そこから逆算していく力が今後すごく重要になっていきます!

時間は有限です。

残された時間は決まっています。

その時間内で、どんな勉強をしていけば最大限の力が発揮できるのか。

何を最優先するべきなのか。

今の時期に赤本を解いておくと、自分の中で勉強の優先順位を見定められるようになっていきます。

これって、入試直前に知るのと今知っておくのとでは全然違うんです!

さっきも言いました。

時間は有限なんです。

だから、入試直前に赤本をやろう!なんて危険なんです。

だから、今この時期に赤本を一回でも解いておくべきなんです。

 

”まだ赤本解いてない!どうしよ!”

このブログを読んでそう思った人は、明日にでも解いてみましょう。

でも、ただ単に解くのではないですよ。

①敵を知ること

②自分を知ること

赤本を解く意義を考えながら、解くようにしてください!!

 

ではまた 😀

***府中校のことをもっと知りたい方はこちらからどうぞ***