ブログ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ 

2013年 2月 10日 受験本番は予定説で。

こんにちは、担任助手の関です!

2月も既に2週目を向かえ、とうとう受験本番に突入しました

緊張や不安が最高潮に達している人も多いのではないでしょうか。

そこで、何とか受験本番への不安を和らげたいと思い、一つの考え方を紹介します。

 

みなさんは、キリスト教の指導者ジャン・カルヴァンが唱えた「予定説」というものを知っていますか?

世界史で習った人もいると思います。これは、簡単に言えば「その人が神様に救済されるかどうかは、その人が善い行いをしたか悪い行いをしたかに関係なく、予め決まっている」という考え方です。

これを書くと、「受験勉強をどれだけしたかは合格と関係ない」というように誤解されてしまいそうですが、僕が言いたいことは違います。むしろ逆です。

僕が言いたいのは、「受験本番前日、布団に入って寝た時点で、もう合格するかどうかは決まったようなもの。今まで長い間ずっと勉強してきた結果が本番に出るのだから、当日の些細な精神的不安等で大きなミスをしてしまうことは無いと、良い意味で開き直っちゃえ!」ということです。

どういうことかというと、受験本番の結果というのは、今までずっと、1年2年3年ずっと勉強してきた積み重ねが出るわけですよね?

その積み重ねを、当日の不安な気持ちや恐さが打ち砕いてしまうことは可能でしょうか?

僕は、長い期間の積み重ねがそう簡単に崩されるとは思いませんし、今まで勉強を積み重ね、過去問演習も繰り返し・・・というふうに積み重ねてきたのであれば、必ずその積み重ねは出し切れると思っています。

だから、「明日は今までの積み重ねが出るだけ。今まで、もう受かるだけの積み重ねはしてきた。当日の不安程度がそんなに影響するわけない!明日は「できるかどうか」とかは考えない。ただ受けるだけだ!結果は勝手についてくる。」と、良い意味で開き直って、覚悟を決めてほしいのです。

 

わかりにくい話で申し訳ありません。全力で、だけど自然体で、開き直って、覚悟を決めて、がんばってください!

2013年 2月 9日 第1志望を明確にしよう!

こんにちは、東進ハイスクール府中校の田中です。

新高2・3生のみなさん、受験勉強の進み具合はいかがでしょうか?

特に、新高3生のみなさんは受験生としての意識を持って、しっかりと勉強に向かわなければなりませんね。

とはいえ、まだいまいち波にのれていない方もいらっしゃるのでは?

勉強のモチベーションをしっかりと確保する一つの大きな手段は、目標を明確に持つということです

人間、やはりゴールがしっかりと見えなければ踏ん張ることが出来ません。

第1志望を明確にすることで、意識は随分とかわってくると思います。

また、名前だけでなく、そのイメージを持つことも重要でしょう。

直接大学まで行って雰囲気をつかんでくることが一番だとは思いますが、そのほかには

インターネットサイトやパンフレットを見たり、実際に通っている先輩に話をきいたりすることも有効です。

 

とにかく、第1志望をイメージとともに明確に持つことが、この時期から100%頑張るために重要な

ことの一つなので、いまからじっくりと考えてみましょう。

 

以上

 

田中

 

2013年 2月 9日 担任助手 学習シリーズ

前回、薄井担任助手のフランス語から久しぶりの更新です。

担任助手の学習シリーズ!

 

本日のゲストは、大金新規担当リーダーです!

 

声を掛けることが申し訳なく感じるほど、集中力を発揮していましたが、学習している姿の写真をいただきました。

 

何を勉強しているのかを聞くことも、ピリピリした雰囲気でしたので、こっそり見ると・・・・。

 

 

なにやら数式が・・・。

 

大金新規担当リーダーは、確か明治大学の情報コミュニケーションでは???

数学関係あったっけ!?

 

と、気になったので、恐る恐る何を勉強しているのか聞いてみました。

 

私「大金さん。何を勉強しているのですか?」

 

大金さん「数学です」

 

私「数学を大学で学ぶ機会とかありましたっけ?」

 

大金さん「公務員試験で必要なんです。」

 

なるほど!

 

将来、公務員を志望している大金さんです。今年、3年生になるので、今から勉強しているのですね!

 

さすがリーダー 😛

 

 

皆さんも先手先手で手を打って学習していきましょう!

2013年 2月 8日 2月の学習アドバイス-地理-

地理 山岡信幸先生

「趣味は幾何学の問題を解くこと」ということからもわかるように、その論理立てられた緻密な授業には定評がある。丁寧な板書とわかりやすい図解に、地理が苦手な生徒も思わず引き込まれてしまう。とにかく地理を暗記科目だと思っている君は、ぜひ先生の授業を受講してみてもらいたい。

 
 

合格する人は、必然で「運」を引き寄せる

直前期にやっておいてほしいのは、過去問の見直しです。具体的には、正解以外の選択肢を検討すること。過去問はひととおり解いていると思いますが、答え合わせだけで終わっていないかを確認してください。全く同じ問題が出ることはありませんが、形を変えて出題されることがあります。また、記述・論述問題が出題される難関国公立大志望者は、毎日書くトレーニングを積むこと。時間を計って過去問を解き、50字、100字を書くのに必要な時間感覚を身につけることが肝要です。

試験に「運」はつきものですが、合格した人は偶然ではなく必然で「運」を引き寄せています。通学時間や休憩時間も無駄にせず、不断の努力を続けた人に「直前に見たところが試験に出る」ようなことが起きる。そんなものです。勝利の女神は、試験終了時間の1分1秒まで粘った人にだけ微笑みます。最後まで諦めず、頑張ってください。

隣人への関心が地理学の第一歩

地理は暗記科目ではありません。もちろん覚えることもありますが、現代社会の課題に対して「なぜそうなるのか」を論理的に説明し、解決策を探るのが地理学です。例えばスーパーに行くと、タコがモーリタニアからから輸入されている。また、家電や洋服などを買うと中国製よりもベトナム製品が増えている。こうした身近な出来事について「どうしてだろう?」と考える習慣をつけること。つまり、隣人への関心が地理学の第一歩となります。

地理を受験科目にしようと考えている人は、早期にひと通り教科書の全範囲を修了させてください。初めはバラバラだった知識が、2周、3周と繰り返していくにつれて有機的につながり、定着していきます。『山岡の地理B 教室 PART I/PART II』(共に東進ブックス)は、はじめてでもわかりやすいように解説してありますので、これを読んでから東進の講座を受講すると効果的です。

2013年 2月 8日 約束ボード

約束ボードをセンター後、作りました!

 

受験生が「その日の自分との約束を書きたい」と言ってから始まったのですが、

 

入試がスタートした今では、受験生同士が応援する激励ボードになりました☆

 

 

青春ですね 😆

 

と、感じてしまう私がいます。

 

友人との約束はなかなか破れません。

 

受験は孤独と感じてしまうときがあるかもしれませんが、このボードを見ているとそうではないと感じませんか。

 

友人以外にもご両親、お兄さん、お姉さん、弟さんや妹さんなどなど、

 

いろんな人が支え、応援しています。

 

決して一人ではありません。

 

その応援が時に、100%を超える力を発揮するのではないかと信じています。

 

がんばろう!受験生!