ブログ | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ 

2017年 9月 25日 スランプに陥ったとき(野口)

こんにちは、野口です!

近頃は寒い日もあったりしますが、皆さん体調管理は大丈夫ですか?

 

さて、9月も終わりが見えてきました。

悠長なことも言っていられなくなってくるこの時期、

頑張っているのに、やったはずなのに、なぜか点数が伸びない。

そんなスランプに直面している人もいるのではないかと思います。

私にもそんな時期がありました。

具体的には数学と生物と化学。・・・ことごとく理系科目ですね(笑)

どんなに頑張っても点数が伸びなくて、採点をするたびに泣きそうな日々でした。

勉強しても無駄なんじゃないかなぁ。。と思いながら演習を重ねていました。

そんなことを母親に愚痴をこぼしている時に言われました。

「あんた復習足りてないんじゃないの???」

確かに・・・。

当時の私は「次こそ点数上げてやる!」と焦燥感に駆られてひたすらに演習を重ねてしまっていました。

できなかった問題をその場で解き直してこそいましたが、あとはそれっきり。

1回復習しただけで身につくんだったら、とっくに得意になってるわ!という話ですね(笑)

目的は理解すること演習はその手段のはずなのに、

私の中で手段と目的が入れ替わってしまっていたようです。

間違えた問題を表に貼って、裏に模範解答を作って、というものを何度も繰り返し解くようにしたら、

よく出るパターンや自分の分かっていないところがだんだん見えてきて、点数も改善していきました。

 

皆さんも痛いほど感じていることとは思いますが、時間は限られています。

それに、なかなかできないものに執着するのはとても苦しいことです。

つい、得意科目をやって「いい点とれた~」とホクホクしたくなります(笑)

でも、ぜひ「できない」から目を背けず、できるようにするにこだわってみてください!!

きっと報われる日がくると思います。

めげずに食らいついていきましょう!!!

2017年 9月 24日 どんなスランプからも抜け出せる方法とは…(広辺)

 

 

こんにちは!秋の訪れを感ずる季節と同時に、鼻水が止まらない広辺です!

 

もともと慢性鼻炎なので、一年中辛いのですが寒くなるとさらに悪化します(泣)

 

そんなことはさておき、今日は皆さんもおそらくなったことがある、

(なったこともない人もいると思いますが笑)

 

『スランプから抜け出す方法』について、ご紹介したいと思います!!

 

 

※あくまで、私がこれまで経験してきたことを基に紹介するので、合わない人もいるかも

 

それでは、さっそく紹介していきましょう!

 

1、スランプであることを自分で自覚する

→これは、昨年まで受験生だった私がなかなか思うように点数が伸びずに、悩んでいた時に一番大事にしていたことです。

 

なぜこんなに勉強しているのにできないのか、酷いときには自分の人間性までも否定しそうな時がありました。

 

しかし、スランプというのは、今まで経験してきたしんどい部活動や、その他の障害と実はほとんど変わらないのです

 

まずは、自分の気持ちが落ち込んでいることを認知し、問題を明確にしましょう!

 

2、スランプに感謝する

→これは本当に賛否両論あると思いますが笑

 

自分が経験したことすべてが人生の教訓になります。

 

このスランプから自分は何が学べるか、何を訴えているのか、

 

逆にこれどのように利用したら自分は変われるのか、

 

様々な角度から物事を見つめなおして、自分を客観的に見ることができます。

 

この二つが私の受験生活を大きく支え、今現在も貢献してくれています。

 

非常にありきたりなことかもしれませんが、私はこのような考え方が大切だと思います!

 

9月も残りわずかになりましたが、改めて言いたい!

 

 

 

 

 

 

ピンチはチャンスb

 

 

 

 

 

 

2017年 9月 23日 スランプって怖いですよね(石原)。

皆さんこんにちは。石原です。

最近は天気の変動が激しいために体調が崩れ気味です。

体調管理はしっかりとしておきたいものですね。

さて今回は、私がスランプに陥ってしまった時に

どのような対処をしたのかお伝えできたらと思います。

私は主に理系の学習をしていたので、

その中でもスランプに陥りやすかった物理に関して話します。

結論から言うと、少なくとも半日は物理の問題を解きませんでした

物理は、法則・公式などの記憶しておくべきものが

他の教科に比べて圧倒的に少ないです。

しかし、それらを複雑に利用する問題では難しく考えすぎて

問題を解き進められなくなることがありました。

そのようなときは頭をクリアにし、

問題をできるだけ簡単に捉えられるようにします。すなわち、

一度問題から手を引き、時間をおいて再度問題に着手することで

問題になっている事象を客観的且つ簡単に捉え直します。

難しい難しいと思ってばかりでは時間が無駄に過ぎ去ってしまいます。

躓いたときは、その場から距離を置き、客観的に見ることで

なぜ躓いたのかを簡単に知ることができます。

恐らく、今述べたことは

「大したスランプではなく、ただ難しい問題を解けなかっただけではないか」

と思われているかもしれませんが、どのようなスランプにおいても

主観が前のめりになりすぎていることで正しい判断が出来ていないだけ

ということが多々あります。

客観的に捉えるというのは難しいようで簡単です。

正しい判断が出来ていないと思うときは

是非「距離を置く」ということをしてみてください。

 

2017年 9月 22日 スランプ(村谷)

 

こんにちは!夏休み海外に行く友人が多く羨ましい村谷です…

 

大学に入ると、海外がとても身近になりますね。

高校とは違い、実践的な英語力が必要だなと感じます。

 

大学受験を通して、少しは英語が得意になった…と思うのですが、

もともと英語が大の苦手だった私にはスランプ期も多くありました。

 

その時に大切だと感じたことは、

①一人で落ち込むと悪循環に嵌りやすいので、早めに相談する

②苦手部分の基礎を見直してみる

③点が取れなくなっても、演習することをやめない

です!

 

誰でも伸び悩んだり、点が下がってしまうことはあり得ます。

それでも折れずに続けましょう!

 

インプットが終わっていない場合は別ですが、「なんで点がとれないんだろう?」と思ったときは必ず原因があります。

でも、自分では分からない時も多くあります。そんな時は頼れると思う人に相談しましょう!

 

また、その原因をつぶすと同時に、演習をし続けないと実力が低下してしまうと思うので、演習は忘れずに!

 

継続は力なり!です!9月後半戦も頑張っていきましょう!

 

 

2017年 9月 21日 目標は大事なんだ

こんにちは!

 

今日もまた暑いですね~σ(^_^;)


不安定な気候より毎日涼しければいいのに

思っている杉野です

 

 

さてさて


ブログのテーマが


「過去問を解く前にやること」


ということで


自分が受験生だったのもかなり前なのですが


紹介したいと思います!

 

 

まあタイトルを見て分かると思いますが


伝えたいことは目標を決めろということです

解く前に

 

「今回は何点目指そう」

 

とか

 

「この分野は必ず解ききろう」

 

などと目標を決めていました!

 

 

目標を決めるだけで解く意義も変わってくるし


解き終わった後の復習で改善点が見つけやすいです!

 

ぜひ皆さんも


自分なりの目標を決めてみてくださいp(*^-^*)q