高校1、2年生の勉強法(石原) | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2018年 1月 27日 高校1、2年生の勉強法(石原)

こんにちは。石原です。

最近は雪が降るなど、かなり冷え込んだのが原因なのか

インフルエンザに罹ってしまっている方を多く見受けます。

体調管理をしっかりと行って健康に冬を乗り切りましょう!

さて本日は高校1、2年生の勉強法について私の意見を述べさせていただきます。

高校1,2年生のこの時期はまだ受験に向けた基礎が完成していない方が多いと思います。

そこで私が提案する勉強法は「学校の定期テストの対策を行う」です。

学校の定期テストは主に教師が教えたことを生徒がしっかりと理解できているかを確認するため行われます。

そのため基礎問題やよく考えれば解くことが出来る問題を多く出題します。

すなわち、学問の基礎や基礎を応用する力がついているかを問うている問題が多いということです。

これらは受験の基礎となるものであり、定期テストで良い点数を取るということが受験への一歩となります。

ただし、定期テストにしか活きないような、解答の丸暗記はしてはいけません

解法の暗記であれば様々な問題に応用できます、解答を暗記するのはその問題のみしか解けない事を意味します

この勉強法で例え定期テストで良い点が取れたとしても、受験勉強には一切役に立ちません。

今からできる範囲で少しずつ学習を始め(急にたくさん勉強しようとしても出来ません)、

周りの人よりも一歩早い受験勉強のスタートを切りましょう!