模試との向き合い方(村谷) | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2018年 4月 20日 模試との向き合い方(村谷)

こんにちは村谷です!

 

今回は模試との向き合い方、とのことで、

厳しくも当たり前のことを言わせていただきます。

 

 

復習しない人は受ける意味ないです。

また、目標も定めず、

「まだ範囲が終わってないから点が低くても仕方ない」

と思っている人も、無駄だと思います。

 

これから皆さんが戦っていくのは、

とうに受験範囲を何周もしている浪人生や、

はやくから受験対策を始めていた人です!

 

 

もちろん習っていない範囲で

点が取れないことは仕方のないことですが、

それならば習った範囲は一問も落とさない、

落としたなら二度と落とさないよう復習をする。

 

大変なように聞こえるかもしれませんが、

合格するためにはきっと当然のことですよね!

 

もちろん、その復習の方法や、スケジュール管理は

担任助手がおてつだいします!

 

私は厳しく言うことがあまり得意ではなかったのですが、

本当に皆さんの受験が成功することを願っています!

 

なので今回は少しシリアスな感じですね。笑

 

 

4月の模試、受験生にとっては

受験が本格的に始まって最初の模試です。

気を引き締めて臨みましょう!

 

1・2年生も負けじと頑張ってくださいね!

きちんとした復習には

必ず結果がついてきます!

 

それでは!