医療の最新技術!(柿崎) | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2017年 10月 24日 医療の最新技術!(柿崎)

 

buenas tardes!

柿崎です

 

今日は先日、大学の社会学という授業で学んだことを話します!

その内容は近い未来、人の平均寿命が100歳を超えるというものです

 

3Dプリンターの登場により、臓器を人工的に作る技術が大幅に発展したことや

大量のデータをもとに病気を予知すること

ナノマシンという極小のマシンを体内に取り入れ、病気をピンポイントで破壊すること

などいろいろな技術が日々、進歩していて

これからは年齢を自由にコントロールできる時代がくるという

すごい内容で、私もとても面白い!と思いました

 

そのなかでも特にすごいなと思ったのが、「NMN」という物質です

これはもともと体内に存在する物質で、加齢とともに減少していき

それが老化の原因となっているそうで、それを投与することで

老化を止めることが出来るということでした

 

老化を止めるだけでなく若返りも可能で

実際にマウス実験では、1週間で大幅に若返ったそうです

 

めっちゃすごくありませんか?もうほぼ成功しているんですよ

 

この技術が実用化されたら、日本の超高齢化社会や人口問題も解決すると思いませんか?

と自分の中では考えが広がりまくっています

 

さらにそれに関する技術や遺伝子の発見に日本人が大きくかかわってるそうです

NMNだけでなく、上で述べた、病気をピンポイントで破壊するナノマシン

も日本人が開発に携わっているとのことでした、、、感動ものです

 

改めて最新技術ってすごいなーと感じました

自分は研究者にはなることはかなり厳しいですが(笑)

高校生はこれからの可能性は無限大で、進路もまだ変えられるので

1人でも多くこのような技術に携わって欲しいなと思います