スランプに陥ったとき(野口) | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2017年 9月 25日 スランプに陥ったとき(野口)

こんにちは、野口です!

近頃は寒い日もあったりしますが、皆さん体調管理は大丈夫ですか?

 

さて、9月も終わりが見えてきました。

悠長なことも言っていられなくなってくるこの時期、

頑張っているのに、やったはずなのに、なぜか点数が伸びない。

そんなスランプに直面している人もいるのではないかと思います。

私にもそんな時期がありました。

具体的には数学と生物と化学。・・・ことごとく理系科目ですね(笑)

どんなに頑張っても点数が伸びなくて、採点をするたびに泣きそうな日々でした。

勉強しても無駄なんじゃないかなぁ。。と思いながら演習を重ねていました。

そんなことを母親に愚痴をこぼしている時に言われました。

「あんた復習足りてないんじゃないの???」

確かに・・・。

当時の私は「次こそ点数上げてやる!」と焦燥感に駆られてひたすらに演習を重ねてしまっていました。

できなかった問題をその場で解き直してこそいましたが、あとはそれっきり。

1回復習しただけで身につくんだったら、とっくに得意になってるわ!という話ですね(笑)

目的は理解すること演習はその手段のはずなのに、

私の中で手段と目的が入れ替わってしまっていたようです。

間違えた問題を表に貼って、裏に模範解答を作って、というものを何度も繰り返し解くようにしたら、

よく出るパターンや自分の分かっていないところがだんだん見えてきて、点数も改善していきました。

 

皆さんも痛いほど感じていることとは思いますが、時間は限られています。

それに、なかなかできないものに執着するのはとても苦しいことです。

つい、得意科目をやって「いい点とれた~」とホクホクしたくなります(笑)

でも、ぜひ「できない」から目を背けず、できるようにするにこだわってみてください!!

きっと報われる日がくると思います。

めげずに食らいついていきましょう!!!