スランプって怖いですよね(石原)。 | 東進ハイスクール府中校|東京都

ブログ

2017年 9月 23日 スランプって怖いですよね(石原)。

皆さんこんにちは。石原です。

最近は天気の変動が激しいために体調が崩れ気味です。

体調管理はしっかりとしておきたいものですね。

さて今回は、私がスランプに陥ってしまった時に

どのような対処をしたのかお伝えできたらと思います。

私は主に理系の学習をしていたので、

その中でもスランプに陥りやすかった物理に関して話します。

結論から言うと、少なくとも半日は物理の問題を解きませんでした

物理は、法則・公式などの記憶しておくべきものが

他の教科に比べて圧倒的に少ないです。

しかし、それらを複雑に利用する問題では難しく考えすぎて

問題を解き進められなくなることがありました。

そのようなときは頭をクリアにし、

問題をできるだけ簡単に捉えられるようにします。すなわち、

一度問題から手を引き、時間をおいて再度問題に着手することで

問題になっている事象を客観的且つ簡単に捉え直します。

難しい難しいと思ってばかりでは時間が無駄に過ぎ去ってしまいます。

躓いたときは、その場から距離を置き、客観的に見ることで

なぜ躓いたのかを簡単に知ることができます。

恐らく、今述べたことは

「大したスランプではなく、ただ難しい問題を解けなかっただけではないか」

と思われているかもしれませんが、どのようなスランプにおいても

主観が前のめりになりすぎていることで正しい判断が出来ていないだけ

ということが多々あります。

客観的に捉えるというのは難しいようで簡単です。

正しい判断が出来ていないと思うときは

是非「距離を置く」ということをしてみてください。